時の流れ

 12月に姫路で行う「公開講座」の題材に、
韓国ドラマ『砂時計』を選んだ。

 ふと思えば、
もう20年近く前の作品(1995年)なんやねぇ・・・

 でも考えてみれば、
ペリーが浦賀に来航したのが1853年。

今から「わずか」160年前のこと。

 社会変動の速さ・大きさに、
ときどき、「う~ん」と、うなってしまう。 
[PR]
by kase551 | 2013-10-14 20:31 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/20880549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< けったいな国 プロ野球雑感 >>