豊田勇造ライブ

 一昨日の豊田勇造ライブの興奮が、まだ抜けません。

 仕事が予想以上に早く終わったので、
最前列に座ることができ、至高のライブを楽しめました。

 勇造さんの歌とギターはもちろんですが、
至近距離で味わう、仲さんの練達のギターと、
哀切かつ力強い延谷さんのサックスが、また格別でした。

 ステージのみなさんに、3回、「おおきに!」と叫びました。^^

 「幻の野原」の後で聴く「大文字」。

 ♪高く高く あくまで高く 堕ちていけ♪
を聴きながら硬く硬く握りしめていた拳を解いて、
人差し指を高くかざしながら、♪さあもういっぺん♪と、声を挙げました。


  新曲「九つの鐘」を聴きながら、
「たぶん来年は、http://www.ikenkoukoku.jp を通して
勇造さんと同じ紙面に名前が載る人がもっと増えるやろな」
http://kaseyan.exblog.jp/20002624 と思いました。

 そして、「それで十分」と「唇かみしめて」。
 勇造さんのお母様が、
「『それでじゅっぷん』て、えぇ歌やな」
とおっしゃっていたということを思い出しました。

 「バースデイライブ」にふさわしい選曲に感じ入り、
昨年他界した母を思い出しました。

 私の母は、「求めるばかり」の俗物でしたが・・・^^;


 
 NO NUKES ONE LOVE GOOD MUSIC

 核要らん 愛ひとつ えぇ音楽

 ホンマ、すばらしいライブでした。

 勇造さん、勇造バンドのみなさん、
「拾得」のみなさん、そして、ひさびさに再会できた方たち、
初めて出会えた方たちに、心から言います。
 
 
 ありがとうございます!

 おおきに!! 

 
[PR]
by kase551 | 2013-07-01 21:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/20481689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 水木しげるが描いた「従軍慰安婦」 ひさびさの豊田勇造ライブ >>