近鉄バファローズの思い出(1)

 近鉄といえば、日本シリーズでの
広島・江夏の「21球」ばかりが注目されるが、
近鉄ファンの私が心底悔しがったのは
江夏よりも福士明夫の好投。

 ホンマ敵ながらえぇ投手でした。

 野球好きの韓国人の親友も、
張明夫(チャンミョンブ)を決して忘れていない。
[PR]
by kase551 | 2013-06-01 21:35 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/20369964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 刺激 日生球場の思い出(2) >>