カウンター雑感

 「カウンター活動がなかったら、
住民はおちおち外も出歩けやしなかったのではないだろうか」
という、新大久保や鶴橋におけるカウンター活動に関する
つぶやきを、ツイッターで目にした。

 カウンター活動は意義あることだが、
「カウンター活動がなかったら、
住民はおちおち外も出歩けやしなかったのではないだろうか」
とほざくのは、
明らかに「住民」を無力な存在と見くびっている。

 何様のつもり?

 こういうヒーロー気取りが、オレは大嫌い 

 私はこれからも、カウンター活動に参加するつもりだが、
「カウンター活動がなかったら、
住民はおちおち外も出歩けやしなかったのではないだろうか」
などとカウンター行動を過大評価したり(ホンマ無礼でアホやね!)、
カウンターに参加しない(できない)人たちを責めたりなどは、
絶対にしたくない。
[PR]
by kase551 | 2013-05-28 21:25 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/20369913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ニッカ余市シングルカスク原酒 大相撲雑感 >>