安倍晋三氏の価値観

 安倍晋三氏の
「従軍慰安婦観」「韓国社会観」を、
もう一度紹介しておこう。

  『歴史教科書への疑問』(展転社)に収録されている
安倍氏の発言(1997年発話)を紹介する。
 
 韓国の「慰安婦」被害者たちが
長年、被害事実を語らず(語れず)
にいたことに対する言及だ。 


(引用始め) 
「ですから、もしそれが儒教的な中で
五十年間黙っていざるを得なかったという、
本当にそういう社会なのかどうかと。
実際には韓国にはキーセン・ハウスがあって、
そういうことをたくさんの人たちが
日常どんどんやっているわけですね。
ですから、それはとんでもない行為ではなくて、
かなり生活の中に溶け込んでいるのではないかとすら
私は思っているんですけど」 
(引用終わり  同書313ページより)


 90年代末において
「キーセン・ハウス」などという
「死語」を使うことも愚かだが、
 こういう発言を、
国会議員が堂々とすること自体に
唖然とする。

  韓国の政治家が
「実際には日本にはソープランドがあって、
そういうことをたくさんの人たちが
日常どんどんやっているわけですね。
ですから、それはとんでもない行為ではなくて、
かなり生活の中に溶け込んでいるのではないかとすら
私は思っているんですけど」
と発言したら、
安倍氏は、どのように反応するのだろうか?

 そして、「慰安婦」たちが、脱出・逃亡が
不可能な状況に置かれ続けていたことなども、
彼は全く無視している。  

 橋下大阪市長と同様に、
安倍晋三首相の「慰安婦観」も、
是正する必要がある。
[PR]
by kase551 | 2013-05-21 21:52 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/20300973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< マスコミ報道雑感 「先進国」? 悪い冗談を・・・ >>