偶然とは思えない

 大阪で生まれて生駒で育ったことは
私には「必然」やったかも?

 祖父宅がある布施に、小・中・高と、
週2~3で通っていた私は、
生駒~鶴橋を快速急行で行き、
鶴橋~布施を「無賃乗車」していた。

 鶴橋駅の芳香に馴染んだ私は、
桃谷で勤務する父がたまに買って帰る
「鶴一」のホルモンと朝鮮漬けが好きやった。

 高校時代、『プレイガイドジャーナル』
を愛読していた私は、井筒という映画監督の存在を知る。

 当時は「和幸」ではなかった。
 井筒氏は、私が通った奈良高校の10年先輩。


 そして、何度も近鉄電車で通っていた
「生駒トンネル」の歴史について、
そして、「鶴一」をはじめとするホルモン料理店を営んできた人たちについて
ある程度の認識が、私の中で蓄積された2000年代、
井筒監督の『パッチギ!』を観た。

 涙が止まらなかった。
[PR]
by kase551 | 2013-04-22 21:34 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/19960967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 豚に感謝 果物の思い出 >>