マジョリティの身勝手さ

 マジョリティがマイノリティに、
「ごめんね。マジョリティには悪い人だけじゃないよ」
と言うよりも、差別加害者に怒るべきやと思う。 

 「いつも、マジョリティの愚行と悪徳のツケを
払わされてしまう社会的弱者は、
人間的営為の根にあるエゴイズムを
体験からよく知っているので、
唱えられる『共生』のあざとさを
とうに見抜いているということである」
(李喜奉「自由の奪還」【『ほるもん文化5』掲載】より)
[PR]
by kase551 | 2013-04-10 23:08 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/19892285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 戦争は儲かる 「在日」 >>