暴力の連鎖

 今日の毎日新聞朝刊に掲載されている
保坂正康氏「昭和史のかたち」が、
日本軍における暴力制度が、
現在の「体罰」につながっていることを
的確に指摘している。

 「戦地で残虐行為に走った部隊は、
隊内暴力もひどかったことを
改めて知っておく必要がある」
という結びも、示唆するところが大きい。
[PR]
by kase551 | 2013-03-04 22:18 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/19615961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 毎日新聞の連載 朝鮮学校への排除は続く >>