「丸刈り」雑感

 「丸刈り」で思い出した。
 名画『愛と哀しみのボレロ』の一場面を。

 占領下のパリにおいて、
カラヤンをモデルにしたドイツ兵と
恋に落ちた歌手(エディットピアフをイメージしている)が、
終戦後、丸刈りにされて
「敵兵と寝た女」というプラカードを首から掛けられて罵倒される場面を・・・
[PR]
by kase551 | 2013-02-06 22:06 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/19453130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『勝つ組織』 太宰治「十二月八日」 >>