多民族社会としての日本

 「多民族社会としての日本」というテーマで若者たちに語る。

 アイヌや在日朝鮮人の存在と歴史的経緯を説明。
 
 そして言語や食文化の違いに基づく
「大阪民族」と「東京民族」という切り口での説明
(関西弁と「共通語」のアクセント比較と、うどん・そばのつゆ出汁比較)と、
日韓中における米飯摂食作法の違いに関する説明は、
なかなか好評だったと自画自賛。

 しめくくりは、多様性と「共生」に言及し、
キング牧師の“I have a dream”を紹介する。
[PR]
by kase551 | 2012-12-18 23:54 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/19032664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< I have a dream 弱さを認められない愚かさ >>