靖国オタク?

 靖国神社参拝にこだわり、中国要人との会談を
ドタキャンされた小泉首相。

 ドタキャンはもちろん中国側の非礼ですが、
なぜあの人は、靖国参拝にあれほどこだわるの
でしょうか?

 遺族会などの支持を失わないため?
 
 「次の戦争では負けないぞ!」という決意表明?

 「中国の言うことには耳を貸しておりません」と、
 親分(米国)にアピールするため?
 
 靖国参拝をすれば反響があるので、目立ちたいから?
 
 それとも、靖国オタクか?


 案外、最後の理由だったりして・・・・

 まあいずれにせよ、一国の代表が、特定宗教施設(神社)
に肩入れするということは、明らかに憲法20条に違反しております。
 
 そして、不要な摩擦・葛藤を生み出しているという点において、
「国益」を損なっているのではないでしょうか?

  映画オタク、小説オタク、マンガオタク、鉄道オタクなど、
私は「オタク」には共感をおぼえることが多いのですが、
「靖国オタク」だけはちょっとねぇ・・・

   
[PR]
by kase551 | 2005-05-27 23:43 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/1901931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「ひや」で・・・ 電車 >>