ネット犯罪への対応

 朝鮮学校や朝鮮人に関して何も知らんのに、
その無知を恥じるどころか、差別発言を連発して
「www」とかで自分の愚かさをごまかそうとする連中には、
とりあえずスパム報告。

 あまりにひどい場合には、刑事事件告発しかないんやろなぁ・・・・

 福岡で生活していたとき、友人である朝鮮人A氏が
インターネットを通した非常に悪質な差別被害を受けた。
A氏は警察に被害届を出して捜査を依頼した。その結果、
関東地方在住の人間であることが判明し、
警察からの通知を受けた犯人は、
謝罪のメッセージを警察を通してG氏に伝達し、
告訴は保留となった。

 「匿名やから何を言っても大丈夫」などと考えて、
差別発言や偏見をまき散らす人間は、
被害者が本気で告訴を考えたときには、
住所・名前などすべて判明することを、知ってるんかなぁ・・・
[PR]
by kase551 | 2012-11-03 23:46 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/18903911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「かせたに」は実名 石川進さん死去 >>