通勤・痛勤

昨日、友人のHさんと飲みながらの会話です。

H「最近、『株でカネを稼いだらリタイアする』とか
 言ってる人、結構いるんですよねぇ・・・
 そんなに仕事って嫌なもんなんでしょうか?」

私「う~ん、Hさんや私なんかは、通勤地獄とは
 無縁やけど、満員電車で片道2時間ぐらいかけて
 会社勤めしていたら、リタイアしたくもなるかも・・・・」

 私の勤務先は郊外なので、反対方向のラッシュを
ながめながら、毎日座って通勤しております。

 ほんと、よく耐えていらっしゃいます。ご同輩たち。
 ほんと、よく耐えさせています、経営者の皆様。

 
 考えてみれば、座って悠々と新聞を読みながら
30分で通勤する人間と、立ちづめで2時間かけて
通っている人の通勤手当が、いずれも定期券代だけ
というのは、ちょっとおかしいですね。
 
 後者には、「痛勤手当」を出すべきでしょう。
 シャドウワークに対する正当な対価を支払うべきでしょう。 
[PR]
by kase551 | 2005-05-22 21:26 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/1854187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 電車 5・18 韓国・光州 >>