尖閣問題雑感

 日本が尖閣諸島を領土として編入したのは、
日清戦争での大勝利が確実となった1895年。

 そして日中国交正常化40周年の年に、「国有化」。

 こんなことをしておいて、「固有の領土」を主張しても、
説得力ないやろ?

  
 人間として最低の東京都知事が
「尖閣購入」などとぶちあげたことが、
この事態を招いている。
 本人は、「どうだ、オレの一言で
日本もシナ(註:「ママ」です)も動くんだ!」と
悦に入っているのかもしれないが、
どれだけの人が傷つき、無念の思いを抱き
涙を流しているのか、想像もできんのやろなぁ・・
   
 
[PR]
by kase551 | 2012-09-18 22:44 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/18479408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大河ドラマ「大地の子」 日朝ピョンヤン宣言から10年 >>