テレビ番組の劣化

 それにしても、日本の加害歴史に関するテレビ番組って、
ホンマになくなったなぁ・・・・。

 1970年代に「お色気番組」として人気が高かった『11PM』は、
夏には、特に大橋巨泉氏が司会のときには、
日本の戦争加害についてとりあげていたと記憶している。

 私が「従軍慰安婦問題」を知ったのは、たしか巨泉氏が司会する『11PM』だった。


 近年で記憶に残るのは、NHKドラマ『カーネーション』における、
主人公の幼なじみ・カンスケの母親が病床でつぶやいたセリフくらいか・・・

 中国における日本軍の加害事実を伝えるテレビ番組を見たことを
主人公に述べたカンスケ母が、つぶやいたセリフ。

 「あの子は、やったんやなぁ・・・・・」
[PR]
by kase551 | 2012-08-16 21:42 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/18352589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「拉致問題」を解きほぐすためには 棄民政策 >>