『キム・ホンソンという生き方』

 金洪仙(キムホンソン)さん
の名前を知ったのは、たしか、1980年代末に読んだ
『季刊 民濤』第9号の座談会だった。

 直接お会いしたのは、約二年前。
 李政美さんのライブで隣り合わせ、打ち上げで歓談した。

 以来、「ヌニム」(姉上)と私が慕っている彼女が、
『キム・ホンソンという生き方 在日コリアンとして、障がい者として』(解放出版社)を出されました。

 実にえぇ本です。おすすめします。

 みなさん、ぜひご一読を!
[PR]
by kase551 | 2012-07-26 20:24 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/18298723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 朝鮮語を「ネタ」にする愚か者たち 「水俣病」 >>