「謝罪」

 「『原発』と『ハングル』って、よく似合うんじゃね?」
 「原発技術なんか朝鮮人にくれてやれ。穢れた技術は、穢れた民族にこそ相応しい」と、
吐き気のするような民族差別を垂れ流した「一水会」が、当該記事を削除。

  しかし、
 「今回の件で不快を感じられた皆様には、心よりお詫び申し上げます」って、http://ameblo.jp/issuikai/entry-11310721253.html   なにこれ? 

 悪質な差別発言をしたこと自体が問題であることが全く分かっていない。

 自分の行動の問題点を把握せず、「ご気分を害されたなら、おわび申し上げます」
という「謝罪」は、この一水会だけでなく、ホンマ多いなぁ・・・・

 悪質な差別発言を連発し、それを指摘されたときに、
その差別発言自体の悪質さを恥じて謝罪するのではなく、
「あぁ、もし気に障ったらごめんね」という「謝罪」で済まそうとするのは、
最低やね。
[PR]
by kase551 | 2012-07-24 20:15 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/18298690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「水俣病」 「一水会」のブログ >>