「編集長」の返歌

 原発に疑問を抱く人たちがツイッターで詠む
「短歌」をとりまとめて「連歌デモ」としてブログに掲載している河津聖恵さんは、

朝鮮高校が「高校無償化」から排除されている差別政策に対しても、「NO!」の声を挙げ続けている。

 その河津さんが、わたしが詠んだ次の歌に、返歌をくださった。

【拙歌】
 参政権 排除されたる人々を 無視して「日本」を さけぶ醜さ


【河津さんの返歌】
  ためらわず 「吾(あ)は国民」と な叫びそ まずは汝(な)は人 まつろわぬ人
  
 

 河津さんの歌を「翻訳」すると、
「ためらうことなく 『私は国民』などと叫ぶな  まず、あなたは人(ひと) 服さぬ人」
 となります。


  さすが「編集長」!  
  
[PR]
by kase551 | 2012-07-22 22:24 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/18273253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「一水会」のブログ 続・続・連歌デモ >>