天王寺 新世界

 拙宅の窓から、通天閣が見える。

 天王寺公園の有料化という暴挙についてきちんと指摘したマンガは、
私の知る限り、青木雄二さんの「悲しき友情」(『さすらい』マガジンハウス に収録)くらいか。

 
 一昨日、大阪環状線新今宮駅近くを通った。

 「フェスティバルゲート」の残滓を眺めながら、
「無残」「場違い」「マーケティング戦略の不在」
「つぶれて当然」「串カツ屋に行列するなよ、みっともない」
などということばが頭に浮かんできた。
[PR]
by kase551 | 2012-05-19 23:59 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/18037057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アルゴン探検隊の極西紀行 at 2012-06-01 05:30
タイトル : 2008-08-30 カラオケとフェルメール
天王寺 新世界... more


<< 「日本人力士」の優勝 1980年5月18日・韓国・光州 >>