あたりまえ

 昔も今も、どの地域でもどの社会でも、同性愛者は存在してきたし、存在している。

 異性愛者が同性愛者を「認める」「許容する」というのは、実に傲慢な表現。

 両者には当然優劣はなく、単に「異性を恋愛対象とする」ことと
「同性を恋愛対象とする」という違いがあるだけ。

 同性愛者と異性愛者の双方が存在することがあたりまえであるという
認識が、もっと定着してほしい。
[PR]
by kase551 | 2012-05-10 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17986165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 男と女だけではない プロ >>