瀬戸内寂聴「この道」

『西日本新聞』朝刊連載の、瀬戸内寂聴「この道」は、
伊藤野枝と大杉栄の関係などが興味深いが、
瀬戸内さんが「乗って」描いている様子がうかがえるのが、
実によろしおます。

 実際に目撃していない場面を、
あたかも見てきたように描く筆力に、感嘆する。
[PR]
by kase551 | 2012-03-12 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17679607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 甥が来福 あれから一年 >>