学習会

 「排外主義にNO! 福岡」の学習会。

  この本の著者による、「私(あなた)はどうして差別をする(しない)のか」という演題。

  ドイツにおける「民衆扇動罪」の制定過程などをふまえて、
 差別表現(ヘイトスピーチなど)を生み出すものは何か?
 差別表現への処罰が「問題解決」になるのか?などを検証しながら、
 私たちがなすべきことについて再考する、有意義な学習会だった。

  こういう若い人が育っていることを、オッサンとしては頼もしく思い、
 「あぁ、オレもしっかりやらなあかんなぁ・・・」と、自省・・・・
[PR]
by kase551 | 2012-02-21 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17520782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 妄言に呆れ、労作に敬意を抱く 本質 >>