なぜ「無償化」が実現しないのか?

 2010年4月から実施されているべき朝鮮高校の「無償化」適用が、
なぜ2012年2月現在にいたるまでなされていないのか?
 
 なぜ、当然の「無償化」が「悲願」になってしまっているのか?
 こどもたちに、 本当に申し訳ない。

 『日刊イオ』
 「『無償化』実現という悲願に人間として向き合ってほしい」

http://blog.goo.ne.jp/gekkan-io/e/fe7798203f3dba1b481054c828420345
[PR]
by kase551 | 2012-02-18 23:59 | 「在日」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17520590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 声をあげない国会議員 回答用紙の束 >>