ほんまに「反省」してほしい・・・

 日立テクノロジーアンドサービスから、メールが来た。

 以下、引用する。

(引用はじめ)
 日立テクノロジーアンドサービス総務課長の◎◎と申します。
この度は、弊社の採用活動に関するお問い合わせを頂きましてありがとうございました。

 お問い合わせを頂きました内容について事実確認を行った結果、弊社の採用活動におきまして
「外国人の採用は行わない」との誤った認識による対応が行われていたことを確認致しました。
 
 弊社は採用・選考におきまして、ご本人の能力、意欲、適性を重視し、国籍、人種、性別などによる差別は行わないことを基本方針としておりますが、会社の方針を十分に徹底出来ていなかった点、とりわけ、日立グループとして過去の就職差別事件を経験していたにも拘わらず、採用担当者に人権意識を徹底できていなかった点を深く反省しております。
 今後、この反省に基づいて、会社を上げて人権教育を一層徹底して参ります。

 本日(1月13日11時頃)、私より学生ご本人様宛に電話にてお詫び申し上げました。
 また、併せて今回の説明会の参加につきましても、私、◎◎が採用責任者として全責任を持って対応する旨ご連絡申し上げ、ご参加のご案内をさせて頂きましたので、合わせてご連絡致します。


2012年1月13日

株式会社日立テクノロジーアンドサービス
総務課長  ◎◎◇◇
(引用終わり)

 
 
 そして、「釈迦に説法」やけど、「外国人の採用は行わない」と、
門前払いをすることは、 外国籍の優秀な人材を登用する機会を放棄してしまうことなので、
企業利益という側面でも、マイナスやね。
 
 ほんまに「反省」して、これを今後生かしてほしいと願います。
[PR]
by kase551 | 2012-01-13 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17313245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-01-22 04:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kase551 at 2012-01-22 18:16
  泰植さん、元気そうでなによりです。よんひゃんさんのツイッターで泰植さんのフェイスブックが紹介されていたので、今回の件について知りました。
 やはり声をあげていかなければ、と思います。
 ご自愛ください。


<< 『月下の侵略者』上映会 排外主義にNO!を >>