趙博ライブ

 「浪花の唄う巨人」趙博さんのライブ。

 拙ブログによくコメントを下さる順さんが
「一番乗り」で、「あぁ~、いつもありがとうございます」と
初対面の^^あいさつをする。

 5月の「脱原発サウンドデモ」で知り合った
Kさん(http://kaseyan.exblog.jp/17205070)も、
お二人で来てくださる。

 お~、ありがたいかぎりです。

 「ライブ主催」のCも、酒臭い息を吐きながら無事到着。


 主演のパギさんとサポートのハルマゲンさんも到着する。

 
 ほんま、えぇライブでした。

 リハーサル代わりの
「教訓Ⅰ」「イムジン河」

 本編では

 「サン・トワ・マミー」→反原発改編歌詞で
 「橋」
 「死んだ男の残したものは」
 「一本の鉛筆」
 「百年節」
  
 ハルマゲンさんの「アメイジングレース」アコーディオン独奏

  パンソリ(朝鮮謡曲)2曲

 「ヨイトマケの唄」

 「核々、死か滋か」


 この「ヨイトマケの唄」が特にすばらしい!!

 前にも書いたかも知れんけど・・・

 力強い歌唱と朝鮮語なまりの日本語、そして、
「エンジニア」になって「めでたしめでたし」で終わるのではない歌詞・・・

 オリジナルの美輪(丸山)さんを、はるかに越えていると、いつも思います
[PR]
by kase551 | 2011-12-19 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17227533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2011-12-21 01:31 x
こんばんは。

先日はとても楽しいライブでした。

「教訓Ⅰ」、「百年節」は今の日本の若者にも聴いて欲しい曲です。
「パンソリ」は力強い魂の歌という印象を受けました。

次のライブが今から楽しみです。
Commented by kase551 at 2011-12-21 21:35
ライブでお会いできて、うれしゅうございました。
パギさんのファンが増えたことにも喜んでおります。^^


<< 金正日総書記死す 「慰安婦問題」 >>