名将逝く

弱小球団だった近鉄バッファローズを率いて
1979年と1980年に連続優勝をなしとげた西本幸雄氏が亡くなった。

 近鉄ファンの私には、あのころのバッファローズが一番印象深い。

 井本、鈴木、山口、栗橋、マニエル、羽田、佐々木、大石、有田、梨田、吹石・・・

 初優勝の1979年、狂喜した父が家族を招集し、天王寺のビアホールで
祝杯を挙げた。17歳の高校生だった私も、いっちょまえに大ジョッキを
飲み干して、嬉々としていた。


 日本一に唯一なれずに消滅した近鉄バッファローズ。
 阪急ブレーブスの監督時代にも日本一になれなかった西本氏を、
「悲運の名将」と呼ぶひともいるようだが、私はそうは思わない。

 「お荷物」と罵倒されていた球団を、連続リーグ優勝を
達成するチームに育て上げてくれただけで、近鉄ファンは
大満足・大感謝。
 「悲運」などと、同情まじりのことばは無用。
 
 
  名将のご冥福を祈ります。  
[PR]
by kase551 | 2011-11-26 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17142149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 藤井寺 皇室報道雑感 >>