豊田勇造鳥栖ライブ

 豊田勇造さんのライブに行く。

 今日の会場は、佐賀県鳥栖市。
 鳥栖駅の長い地下道を歩きながら、
 この地下道や立ち飲み店を歌った、勇造さんの『長崎帰り』を
小声で口ずさむ。


 【一部】

  ・海の始まり
  
  ・長崎帰り

  ・勇造のブルーズ

  ・住所録

  ・ブルーズをやろうぜ

  ・雲遊天下

  ・北上夜曲


 【二部】

  ・夢で会いたい

  ・好きなもの  

  ・彼女は電気ボイコッター

  ・THE PARADOX OF OUR AGE

  ・帰郷

  ・虹の歌

  ・それで十分

  
 【アンコール】
  
  ・大文字
 
  ・花の都ペシャワール


  控え室と会場との温度差があったせいなのか、
 「住所録」を歌い弾きながら、何度もギターの
 チューニングをする勇造さん。
  
  う~ん、ちょっと大変そうやなぁ。
  一曲目でギターの弦が切れ、「雲遊天下」では
 ハーモニカが落下するなど、なんとなく波乱含みの一部が終わる。


  二部ではギターの音も安定し、雰囲気も落ち着いてくる。
  九州電力社長や、大王製紙元会長に対するコメントもあり、
 ニヤリとする。

  「それで十分」の歌詞が心にしみる。
  ♪今 生命がある それで十分♪

 
  「大文字」では、周囲の人たちがほとんど声を出していないので、
  ♪さぁもういっぺん♪のフレーズを、私も小声でささやいていたが、
  いつの間にか、人差し指を立てて振りながら、腹から声を出していた。^^;


  「花の都ペシャワール」の
  ♪行き急ぐことはない 死に急ぐこともないと♪
  の部分は、前述の「それで十分」と共通するものがある。

   そして絶妙のギターボディー叩き。
   カ~~~ン コ~~~~ン!
   
   夜の鳥栖が、しばしペシャワール(行ったことないけど)
  に変わった。 
  
  
   
[PR]
by kase551 | 2011-11-23 18:04 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17130990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「大文字」の40年 消音 >>