思いは熱く口調は淡々と

 落合ドラゴンズが日本シリーズ進出を決めた。

 監督の、「すばらしい選手たちです」というコメントも良いが、
淡々と語る口調が、実に味わい深い。

 昨日の秋山ホークス監督のインタビューと共通している。

 熱い思いを抱きつつ、口調はあくまでも淡々と・・・・・

 シーズン途中で「来期は契約なし」と、
後ろから頭を叩かれるような仕打ちを受けた落合氏は、
「見とれ~、このアホフロントども!」という気持ちを
抱いていると、私は想像している。

 また、昨年リーグ優勝しながら、3位のロッテに「下克上日本一」を
された屈辱を、日本シリーズ制覇によって絶対に晴らすと、
秋山監督が強く思っていることは、言うまでもない。

 熱い思いを抱きながら、淡々と語るふたりの監督。
 
 どちらも応援したいが、4勝3敗でドラゴンズ優勝がえぇねぇ。
   
 そして、クライマックスシリーズは、ホンマに要らんね。
[PR]
by kase551 | 2011-11-06 23:07 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17063556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 隆の里死す 野球はおもろい >>