「父を語る」

 数年前、水木しげる・手塚治虫・赤塚不二夫三氏の娘による
鼎談が出版された。

 いつか、韓国の朴クネ氏と日本の田中真紀子氏の
対談をコーディネートできればと、ずっと考えている。
 両氏が政界を引退した後、「日韓の70年代を駆けた父を語る」と
いう対談を企画し、通訳・編集をやりたいなぁ、と思い続けている。
[PR]
by kase551 | 2011-10-27 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/17027498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ウイスキーのケース買い 政治ジョーク >>