チーコ

「憂国のラスプーチン」(佐藤優原作、長崎尚志脚本、伊藤潤二作画)
を楽しみに、『ビッグコミック』を毎号買っている。

 佐藤優氏の体験を基にしたこのマンガは、外務省、そして検察という
組織の実態を垣間見ることができ、実におもしろい。
 
 佐藤氏をモデルとした主人公・憂木衛は、相当に美化されているが、
それを差し引いても、「憂国のラスプーチン」は傑作だと思う。

 今号では、憂木の愛猫「チーコ」が冒頭で紹介され、
「猫は餌をくれ、排泄物を処理してくれる人間を忘れない・・・・裏切らない。
だから君も絶対に人を裏切るな」と、エリツィンの参謀だったブルブリスの
言葉を思い出すという展開になっている。
c0040369_23165289.jpg
         (『ビッグコミック』2011年10月25日号、148頁)

 この猫の、「チーコ」という名前に「ん?」と思う。
 
 そう、つげ義春の「チーコ」です。

 売れないマンガ家と、酒場勤めをしながら彼を支える女。
 女が買った文鳥の「チーコ」は、ふたりにとって、一時は
「幸せの青い鳥」のようだったが・・・・
c0040369_23282441.jpg
      (つげ義春『ねじ式 =異色傑作選1=』小学館、56-57頁)

 なんともせつない、この短編傑作マンガを再読し、
つげ義春の「上手さ」に感嘆。
 微妙な感情描写もさることながら、マンガ家が
吸っている煙草が、鳩をあしらった包装の「ピース」で
あることなど、「うまいなぁ~」と思う。

 オレやったら意地悪く「ホープ」にしていたかも?
 それではあまりにも救いがない。
[PR]
by kase551 | 2011-10-14 23:24 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16973505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「監督退陣」効果 主将に感謝 >>