精神の自由

 「排外主義にNO! 福岡」の会員学習会。

 学校式典における「君が代起立斉唱」を
拒否した教員に対する処分に異を唱えた
「ココロ裁判」原告Tさんの「闘争史」を聴く。

 「精神の自由」「理不尽への不屈」「戦略」「続けること」
「仲間」など、さまざまなことばを頭に浮かべながら聴く。

  千秋楽の大相撲中継を思い出す。
  優勝力士表彰式の前に流れる「君が代」。

  NHKのカメラが映す客席、客席・・・
  あたかも、「起立斉唱していないヤツはいないか?」と
 監視するかのように・・・・
  
  「見えにくい空気のような暴力」を感じる。
        
[PR]
by kase551 | 2011-09-27 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16913177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2011-09-30 17:39 x
めっきり秋の気候となりました。

相変わらずのエネルギーには敬服いたします。

最近思ったのですが、相撲は日本の国技であり神事でもある。
なのに、そこに八百長が介在するとは、
これが日本の伝統なのかと・・・。
Commented by kase551 at 2011-09-30 21:28
 朝夕が涼しくなったのはありがたいですね。

 大相撲は、伝統芸能の興行でもあるので、
私は八百長容認派です。
 メールで八百長の打ち合わせをするなど、実にバカなことを
したものだと呆れます。


<< 縁 落合雑感 >>