自民党の終焉

自民党の片山さつき議員のツイッターでの「つぶやき」を目にした。

 (引用はじめ)
  @katayama_s 自民党本部における総務部会で、自民党として初めて、
 広瀬民放連会長に対して韓流ドラマを震災後、地上波の昼時間に増やした事、
 韓国では地上波は日本の番組に解禁されてない不公平を民間ベースでも追及するよう要請
 (引用終わり)

 
 「不公平」だと思うなら、まずそれを韓国側に伝え、
正式に要請するのが政治家だろう。

 何で民放連会長に圧力をかけるのか、まったく理解できない。

 また、スポンサーでもないのに、「韓流ドラマを増やした」ことに
いちゃもんをつける勘違い・・・・ 

 アホか?ほんまに。
 
 党として初めて「嫌韓流」を表明した自民党は、終わった。
[PR]
by kase551 | 2011-08-30 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16795597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 続・自民党の終焉 朝鮮学校の「高校無償化」手続き再開 >>