「長崎原爆の日」雑感

 8月9日は、「長崎原爆の日」。
 8月6日の広島に続き、再び米国の核兵器による
無差別大量虐殺が行われた日だ。

 あの戦争を考えるとき、このような被害の歴史とともに、
加害の歴史も、常に私は思い起こす。 

 3年前の長崎研修旅行
を思い出す。

 そのときに、きわめて強い印象を受けた
「岡まさはる記念 長崎平和資料館」
を再訪したい。

 現在多くの日本人が単なる「廃墟オブジェ」のように「消費」している
「軍艦島」が、動員されてきた朝鮮人・中国人たちにとっては絶望の地獄島であったことが、
「岡まさはる記念 長崎平和資料館」を見学すれば、よくわかる。

 
 林えいだい『写真記録 筑豊・軍艦島‐朝鮮人強制連行、その後』(弦書房)
を再読しよう。
[PR]
by kase551 | 2011-08-09 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16710725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 呉智英氏の著作 九電と佐賀県知事を「格付け」 >>