なんともはや・・・

「佐賀県民への説明会」に出席した「県民」は、
政府が指定した会社が「仕込んだ」7人。

 その説明会を中継するケーブルテレビの番組放映中に、
番組宛に「原発稼動再開賛成メール」を送るようにと、
自社・関連会社の社員たちに指示を出していた九州電力。

 なんともはや・・・・
 どこまで恥知らずなんやろ・・・
 

 それにしても、九電による「やらせメール」をスクープした
『しんぶん赤旗』(http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-07-02/2011070201_01_1.html)
は、よくやったねぇ。

 「筆坂酒席セクハラ事件」で、「党員禁酒令」を発令しようとするなど、
 あの党の体質を私は嫌っているが、共産党の存在意義を、今回は国会での笠井議員質問でも
 広く認識させたと思う。 
 
 
[PR]
by kase551 | 2011-07-07 21:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16569319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 毎日考えること 「博多祇園山笠」への違和感 >>