福岡の市民運動

 2002年3月から福岡での生活を始めて、10年近くなる。
 
 市民運動の蓄積と、その担い手たちの多様さと柔軟さを実感する。

 2009年12月。
 京都の朝鮮学校に、耳を疑うような口汚い攻撃・威嚇が行われた。
 
 なんや、これは?
 これは黙ってたらアカンやろ?

 この私の呼びかけに、TさんとAさんが応えてくれた。
 特にTさんには、Aさんとの調整など、ホンマに世話になっとるねぇ。
  
 TさんもAさんも、私と出会って半年も経っていないのに、
仲間に声をかけ、「共感の輪」を作ってくれた。
 市民運動の蓄積にもとづく「輪」です。

 「排外主義にNO! 福岡」の月例会には、20人近い会員が
集い、時にはゲストもいらっしゃる。

 えぇ感じになってきてます。

  これは特に、Tさんのバランス感覚と人柄の効果が大。

  姐御、ホンマにおーきに! 
[PR]
by kase551 | 2011-06-20 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16505796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 声を上げ続けよう 縁 >>