誰が「妖精」やねん?

  テニスの全仏オープンで、李娜(中国)が、
シャラポア(ロシア)を下して決勝に。
  
 李娜はホンマ、強いねぇ・・・
 すごいよ。

 「アジア選手初の決勝進出」に、「アジアのおっさん」は、
ちょっと興奮しております。

 でも実はロシアも、ヨーロッパでもあり、
アジアでもあるんよねぇ。
 
 ナショナリズム(国家国民主義)と同様に、
リージョナリズム(地域主義)も、危険やね。

 自重。


 それにしても、かつてシャラポアに
付けられた「妖精」というキャッチフレーズは、
ホンマ笑止千万やったね。 

 闘志を全面に出し、気合満点の声を発し、
パワフルなプレーを続ける選手を、
「整った容姿」だけで「妖精」などと表現する
あほらしさ・・・・

 誰が「妖精」やねん? 
[PR]
by kase551 | 2011-06-03 01:02 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16416376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 運動会見学 気になる作家 >>