思想・良心の自由

 「君が代訴訟」で最高裁が、「校長の教職員に対する起立斉唱命令は合憲」と判断。
(『毎日新聞』http://j.mp/l473ss)。
 
「『儀式的行事では円滑な進行が必要』だから、
思想良心の自由は制限されても我慢しろ」という、
むちゃくちゃな理屈。

 ひどすぎる。

 今回の最高裁判決は、
「職務命令は、個人の思想および良心の自由
についての間接的な制約となる面はあるものの」
と述べているが(http://j.mp/leZKGM)、
侵略の象徴であった日の丸を背景に流れる天皇賛美の歌を、
強制的に起立斉唱させることは、「思想および良心の自由」を
直接侵害することだと私は考える。 

 耳にするのも不快な歌詞だが、「歌いたい人は歌えばよい」と、
天皇賛美の歌を歌う人たちの「思想および良心の自由」を尊重している
私のような考えを持つ人間に、「起立して歌え!」と強制することの
暴力性と傲慢さを理解できない人たちの、なんと多いことよ。
[PR]
by kase551 | 2011-05-31 23:27 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16406835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『おひさま』と『モダンガール論』 長新太『キャベツくん』 >>