キャベツ

 昨日紹介した「赤ちょうちん」という曲における
♪キャベツばかりをかじってた♪という箇所が
象徴するものは、「経済的な貧しさ」だ。

 考えてみれば、「キャベツ=経済的貧困」という
「象徴」「記号」は、実によく使われている。

 豊田勇造さんの名曲「小松ちゃん」における
♪俺は駆け出しの歌うたい キャベツばっかり食べてた♪
という歌詞。

 マンガにおいてもしかり。

 寺田ヒロオさんの「トキワ荘物語」においても、
「トキワ荘」に入居した寺田氏が自炊して畳に新聞紙を
敷いて食べるのは、キャベツの味噌汁、キャベツの炒め物という、
キャベツづくし。

 いしいひさいちさんの「バイトくん」にも、同様の場面があったなぁ。

 バイトくんに昼食か夕食をたかりにきた友人が、
「あ~あ、キャベツばっかりだなぁ」とこぼしながら、
「まぁメシだメシだ!」と炊飯器に手を伸ばす。
 
 「メシ?」といぶかしげにつぶやいたバイトくんの横で、
炊飯器から飛び出すキャベツに驚く友人。
  
 しかし俺も、よぉ憶えてるなぁ・・・^^;

 作品の力やね。
[PR]
by kase551 | 2011-05-29 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16405347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 長新太『キャベツくん』 「神田川」 >>