原発ロボット

 30億円かけて開発した原子力災害用ロボットが、
電力会社からの配備希望がなく、廃棄処分されていた
とのこと。


 電力会社には、『原発で事故は起きないのだからロボットは不要』
という考え方が根強かったので、実用化されなかったというのが
実情らしい。

 また「想定外」ですか・・・・
[PR]
by kase551 | 2011-05-16 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16351573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< オウムと排除 「沖縄復帰」と意見広告 >>