「雲遊天下」と筑後平野

 豊田勇造さんは、名曲「雲遊天下」の構想を、
筑後平野をながめながら得たと、昨年11月のライブで知った。
 
 福岡での生活も9年目になるが、筑後方面に足を運ぶことは、ホンマ少ないなぁ。
 「うきは町」「星野村」など、テレビの画面を通して見る風景は、実に美しい。

 でもやっぱり、自分の目で直接見なあかんなぁ。


 沖縄の基地問題に関する私の意識も、現地に足を運び、
自分の目で見ることによって、深められていると思う。


 テレビや新聞、ネットなどのメディアはもちろん役に立つが、
やはり、フィルターを通さない自分の目で見ることを忘れたらあかんね。
[PR]
by kase551 | 2011-05-14 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16332927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「沖縄復帰」と意見広告 豊田勇造「雲遊天下」 >>