放射線被害

 福島原発事故に関連して、放射線関連の数値が、
東京電力や政府によって、毎日報告されている。

 「人体にただちに影響を及ぼす数値ではない」
 ということばが繰り返される。

  放射線による人体への影響を語る時、、
 チェルノブイリ原発事故や、劣化ウラン弾被害
 などが示すように、「ただちに」現れない影響を
 無視してはならないだろう。
 
  人体に及ぼす影響もそうだが、
 強烈な放射線によって汚染された土壌、
 地下水、海水などは、植物や動物に間違いなく
 悪影響を及ぼす。
  それらを人間が食するならば・・・・

  「ただちに影響を及ぼさない」などと
 言い続ける人たちの無責任さに唖然とするばかり。
 
[PR]
by kase551 | 2011-03-27 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16113605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< この試算が「机上の空論」である... 歴史から学ぶということ >>