日本人だけではない

 今回の大惨事の被災者には、日本人が多数を占めているが、
もちろん日本人以外の外国系住民もいる。

 1995年の阪神大震災のとき、私は韓国・ソウルにいた。
関東大震災(1923年)のときのような悪質なデマが広がっているの
ではないかと恐れを抱いて、関西在住の朝鮮人の知人に電話を
したところ、「あぁ、朝鮮学校に避難してきた日本人と朝鮮人が
助け合ってるでぇ」と聞かされ、ほっとした。 

 今回も、この記事が伝えるように、朝鮮人と日本人が助け合う姿が、
各地でみられる。


 このような実情を無視して、「日本人の秩序意識のすばらしさ」や、
「ニッポン!ニッポン!」と、「日本人」「ニッポン」のみを強調することに、
私は強い抵抗を感じる。


 被災者は日本人だけでなく、至極あたりまえのことだが、
この日本社会の構成員は、日本人だけではない。
[PR]
by kase551 | 2011-03-23 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16097619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 震災と排除 再会の年 >>