30年ぶりの再会

 高校卒業後、初の学年全体同窓会。
 
 200人を越える同期たちが、一同に会する。

 まずは、震災被災者のために、黙祷。
 会場に置かれた義捐金箱に、次々に気持ちが託される。
 
 30年ぶりの再会は、厳粛な雰囲気で幕を開け、
徐々に話の輪が広がっていく。

 思い出話、近況報告、当時言えなかった「秘話」など・・・

 それぞれ、自分の持ち場で誠実に、懸命に力を発揮している様子が、実に頼もしく、うれしい。
 

 隣席のSさんと歓談。
 彼女とは、高校時代はほとんど会話をしたことがなかったが、
「清楚でやさしそうな子やなぁ」と、好印象を抱いていた(恋愛感情ではありません^^;)。
 卒業文集作成(Sさんが編集委員)の労をねぎらい、
「えぇ感じに歳をとったねぇ」と、清楚さに深みが加わった彼女の魅力を指摘する。
 「あのころって、男子と女子という枠組みをかなり意識してたから、
なかなか気軽に話をでけへんだんよねぇ。歳を取るっておもしろいもんやねぇ」と笑いあう。

 
 恩師K先生が、「ブログ愛読してるよ」と声をかけてくださり、恐縮する。
 先生の「『歴』として生きながら、『史』とならなかった人たちのことを考えられる
人間になってほしい」ということばは、常に私の中にある。

そして先生が、私がブログで低い評価を下した某歌手がお好きであることも
今回知った。

 「全般的な論調には賛成するけど、なんで、ある歌手をボロクソにゆうんかと、
 ちょっとあれにはなぁ・・・」

 「あぁ、◇◇のことですね」と言いながら、ちょっと笑った。^^
 こういう率直さも、K先生の大きな魅力だ。
  そして、それだけ拙ブログを読んでくださっているということに、感謝あるのみ。

  先生に担任していただいた幸運を、あらためて感じる。
 
 
 二次会では、小学校からの同級生Kくん、Hさん、Sさん、Mさんたちとの再会を喜ぶ。
 二次会場でも回される義捐金箱に託される気持ち。

 三次会では、クラスが違っていたため、一度も話をしたことのなかった人たちとも、
飲みながら談笑する。
「△△くんと話すのは初めてやねぇ」「そうやねぇ」と言いながらも、
ぎこちなさが全くないのがおもしろい。
 20代、30代のころなら、このようにはいかなかっただろうと思う。
 やはり、歳を取ることは、おもしろい。


 すばらしい再会の場を準備・運営してくれた実行委員の皆さんに、
心から感謝! おおきに!!

 わがクラスの委員夫妻(同級生カップル→結婚)には、
「博多通りもん」を送らせてもらおう。
[PR]
by kase551 | 2011-03-21 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16087770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 再会の年 関西へ >>