原発の根本的な見直しを

 中国電力が、上関原発敷地造成工事を中断した。
 
 もうこれは、中断でとどまるのではなく、
工事計画廃止も念頭に置いた、全面見直しをすべきだろう。

 この地震列島で、今回のような大地震が、
中国地方や九州地方に起こらないと、
誰が言い切れるだろうか。

 私も体験した数年前の玄海沖地震の震源地のすぐ近くで、
玄海原発が、今も稼動している。

 今回の福島原発の大事故をふまえて、
国際エネルギー機関(IEA)は15日、
日本は原子力発電の不足分を補うだけの十分な
石油火力発電による余剰能力を有している、
との見解を示している。

 「原発安全説」が完全に崩壊した今こそ、
 脱原発を目指した論議が必要だと思う。
 

 
[PR]
by kase551 | 2011-03-16 16:57 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16062262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 関東からの電話 一人でも多く・・・ >>