続・地震と原発

 東京電力福島第1原発において、爆発事故が発生。
 
 政府は、住民に対する緊急避難指示の範囲を、
半径3キロから10キロに拡大した。
 そして、20キロに再拡大・・・・

 爆発の原因や原子炉の現状について具体的な
情報が提供されぬまま、避難指示範囲だけが
拡大されていく。

 これが周辺住民にとってどれだけ不安なことなのか、
ちょと想像すればわかるだろう。
 
 夜も深まり、ようやく「水蒸気爆発によって、
コンクリート外壁が崩壊したもので、原子炉や、
原子炉を覆う格納庫の爆発ではない」(大意)
という内容が発表される。

 この発表を信じるならば、とりあえず、
最悪の事態は避けられたことになる。
 
 東電は、海水による冷却を決定したとのことだが、
廃炉覚悟で、最悪の事態は防ぐのが当然の義務だろう。

 一体何が「安全」なんやろ?
 そんなに安全とゆぅんやったら、東京湾に原発を作りなさい。 
 
[PR]
by kase551 | 2011-03-12 22:26 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16046265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 救援募金 地震と原発 >>