牡蠣

 近所の八百屋の大将から、天然の牡蠣をいただく。
 実家である熊本県天草に帰省したときに、近くの海で採ってきたという。

 いやなニュースが相次ぎ、重くなっていた気分が、少し和らぐ。
 こういう人情は、ホンマありがたいねぇ。

 さっそく、焼き牡蠣と蒸し牡蠣にして味わう。
c0040369_22314393.jpg

 藤子不二雄Aさんのマンガの台詞ではありませんが、んま~い!
 
 凝縮された旨みの力強さと深さに感嘆!
 また、旨みの余韻がなんとも言えません。

 大将と海の恵みに感謝!


 このような海の恵みを、今、中国電力の原発工事が脅かそうとしている。
 上関原発工事に反対する人たちの声(http://stop-kaminoseki.net)に、
耳を傾けましょう。 
[PR]
by kase551 | 2011-03-08 22:32 | 季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16028516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 二年前のレジメ 政治資金規正法 >>