政治資金規正法

 永住資格を持つ日本社会の構成員が、
政治献金をすることも禁じられているという、
現行の政治資金規正法に、マスコミ記者たちは、
異を唱えない。

 大手マスコミには現在、在日朝鮮人社員も
少なからず勤務しているのだが、日本人社員には、
彼ら彼女らから学ぼうという意思のある人間が、
少なくなってるんかなぁ・・・。

『日本における多文化共生とは何か』(新曜社)を再読しよう。

日本社会のメンバーからの寄付を禁じる政治資金規正法。
 素人を法廷に引っ張り出し、死刑判決をさせる裁判員制度。
 こんなむちゃくちゃな法制度に疑問を抱かないマスコミ記者が、
高給を得て領収書をもらって飲み食いしながら、
焼肉屋店主の汗水たらした寄付を、「外国人からの不法献金」などと報じている。
[PR]
by kase551 | 2011-03-07 23:44 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/16024377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 牡蠣 「外国人献金問題」の本質 >>