反芻

 丑年ではないが、20年ぶりの同期との再会を反芻・・・

 彼らと初めて顔をあわせたのは、1984年10月の「内定式」。
 四半世紀以上も前の話やねぇ・・・

 1985年4月の入社式。
 南柏駅近くの独身寮から東京青山まで「通勤」しながらの
約一週間の本社研修。
 
 そして、宮城県での一ヶ月近い工場研修と仙台支店実習。

 この一ヶ月近い寮生活において、俺の同室だったKNくんは、
ホンマ大変やったろうなぁ・・・

 融通は利かない、自己主張だけは強い、いびきはうるさい、
体と態度はでかい・・・・

 「大人」のKNくんだったから、我慢できたんやろなぁ・・・
  
 そのあたりの反省と悔悟を、実はずっと抱き続けていた。

 一昨日の同期会で、KNくんの隣に座り、心情を吐露する。
 変わらぬ穏やかな口調の彼のことばに、目頭が熱くなる。

 そしてKNくんが、私が約10年前に書いた文章を読んでくれていて、
そのことを同期たちの前で語ってくれたことにも、感謝!

 う~ん、なんでこんなえぇやつばっかり集まって来たん?ホンマに・・・・

 やはり、ニッカのウイスキーを愛するという共通要素が大きいのではないだろうか。

 愚直といわれるくらいに品質を重視し、「おいしいウイスキーをお客様に届けたい」
という理念を持ち続けてきたニッカウヰスキーを第一志望で入社したという時点で、
「絞り込み」はできてるんよねぇ。

 そう、「効率」「要領」よりも、本質を重んじる哲学を、わが同期たちは持ち続けている。
 

 今回の再会で、彼らの誠実さ・努力に、あらためて刺激を受けたねぇ・・・・
 
[PR]
by kase551 | 2011-02-28 20:28 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15988245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 同期に恥ずべき点がないことを・・・・ 恩人の墓参 >>