「世代論」

 わが「排外主義にNO! 福岡」には、
20代から60代まで、幅広い年代の仲間たちが
集まっている。

 かつて私は、「団塊世代」に強い反発を抱いていた。

 「『時代の気分』に乗って好き勝手に暴れ、髪を切って
『もう若くないさ』と就職し、『今の若いやつは』と
飲んでは説教するいじましい卑怯者」という偏見を抱いていた。

 もちろん、そういうアホも少なくないが、
「団塊世代」である豊田勇造さん(1949年生まれ)の
名曲『行方不知』の歌詞のように、
 ♪選ぶことが捨てることでないように するにはどうすればよい♪
と自分に問い続け、「残り火」をともし続ける人たちも、
まちがいなく存在する。

 批判のための「世代論」っちゅうのは、安易なカテゴリー化(範囲設定)に
よる粗雑な八つ当たりやね。 
 
 もしくは思考停止。
[PR]
by kase551 | 2011-02-21 22:38 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15954531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 人の縁 菅首相が最後になすべきこと >>