参政権

「永住外国人の地方選挙権法案」って、どこに行ったんやろ?

 私の記憶では、民主党の案は、「朝鮮籍」永住者を排除するという
とんでもないものやったけど、それすら国会で議論されないっちゅうのは、
なんでやろ?

 統一地方選を目前にして、民主党議員からは声が上がってこない。
 ホンマにしょーむない連中やなぁ・・・

 あの法案って、たしか「付与」とかゆーとったんちゃうか?
 そもそも、その地域に定住・永住する人たちにとって、
参政権は当然の権利であるので、「付与」という表現自体がおかしい。

 当然の権利が剥奪される一方で、税金は日本人と同一に徴収されるという不合理。

 「参政権は納税の対価ではない!」と、いちゃもんをつけてくる
人がときどきいる。
 「納税しているのだから参政権を認めろ」などと、
俺はひとこともゆーてへんのにねぇ(失笑)。

 納税の多寡・有無に関わらず、参政権はその地域住民の当然の権利。
 その当然の権利を剥奪する一方で、住民としての税金や所得税は、
日本人と同一に徴収することがおかしいってゆうとるだけ。
 
[PR]
by kase551 | 2011-02-13 23:55 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15914981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 参政権=当然の権利 ウイスキーの楽しみ >>